携帯ショップ専門人材育成コンサルタントの株式会社いっぽまえ

まずはメールで無料相談しませんか?お問い合わせはこちら

携帯ショップ専門人材育成コンサルタントの株式会社いっぽまえ

お客様の声 » 株式会社ノースモバイル 代表取締役 / 蛯原 賢至 様

伊達さんは、最初の1年で当時ある商材の売上を1200万円から1億2000万円ちょっとまで、いわゆる10倍以上上げてくれました。このインパクトは非常に大きかったですね、、、

伊達さんにコンサルティングをしていただいて、初めの6ヶ月での成果は、会社の課題が分かったということです。
新しいことに取り組む、やってみるというチャレンジ精神みたいなものが圧倒的に欠けているということがこの6ヶ月間で分かったんですよ。伝える内容じゃなくて、伝わる状態にすることの方が大切だってことですね。受け手側の姿勢の改善と言いますか、この受け手側の姿勢の改善が伊達さんはお上手でしたね。
それに加えて私たち経営者はどうしても理論的に物事を発することが多いんですよね。それじゃ若い人には響きにくかったりします。そんな中で感情に問いかけて、瞬時にやる気にさせることは伊達さんにしかできない部分だと思います。その姿勢の改善を行った段階で、ある商材の売る目的であったり、トーク術だったりを教えてくださったことで、売り上げが10倍です。本当に大事なことはスキルというよりも姿勢を改善できるかできないかでしたね。

また、伊達さんのセミナーは、キャリアが主催する勉強会とは全く意味合いが違います。しっかりと現場感を持った上で、私たちに必要なものだけを提供してくれます。ある日、私がこういうこと教えてくれたらいいのになって心の中で思っていたことを全てお話ししてくださった時には驚きましたね。強いパートナーシップで結ばれているっていうのは非常に心強く感じています。
私がもし伊達さんを同じ境遇の方に紹介するとするならば、言葉でどうというよりも、まず空気というか、体感していただきたいですよね、伊達さんの空気を。そして言葉、言語や理論はもう後付けっていうような感じの方がいいんじゃないのかなって思います。

あなたも同じようなお悩みをお持ちではありませんか?

  • 人材採用にしっかり経費を使っているけど、なかなかいい人材が見つからない
  • そろそろ一人前になって売り上げを上げてくれるだろうと
    期待を寄せていた若手社員に限って辞めてしまう
  • 会社が設定している目標に対して最後の最後まで追い求める社員が少なく、
    毎月無理な数字だと月初から諦める社員が多い

私たち携帯ショップ専門コンサルタントにはこういった悩みを持った経営者様、事業部長様から数多くご相談を受けております。

そして最後に決まって出てくる言葉は、、、

「しっかり売り上げを上げて業績を伸ばしていきたい」

そんな悩みを持った経営者様たちが実際に行なってきた具体的な解決策は、順位づけをして成果を上げた社員だけに、ボーナス報酬を与えてみたり、店舗ごとにチーム戦を繰り広げてみたり、ビジネス書やマネジメントブックに書かれている簡単な研修や、ワークの共有などでした。

もちろんそれらの方法は決して間違ったことはなく、どれもそれなりの結果が出ていたのではないでしょうか。

ですが、その場限りではなく、販売スタッフが本来持っている力を引き出して、営業トークが苦手なスタッフや、商品知識を覚えるのに時間がかかるスタッフでも、着実に売り上げを上げて、業績を伸ばすことができる可能性を私たちは提供したいと考えています。

私たちにできること

はっきり申し上げます。

私たちは、形式的な知識やノウハウを語るようなコンサルティングは一切行っていません。
あなたの目の前に現れている壁はなんなのか。将来どんな企業でありたいのか。そんなことを厚かましくも一緒に考えさせていただくコンサルタントなのです。

そして、今まで培ってきた現場力を最大限活かすために、時には全身を使って、時には大声を張って、時には夢を語って、働くことが楽しくなる研修を実施しています。

失敗することを恐れず、目の前の大きな壁を乗り越える一歩。この一歩の踏み出し方をしっかり伝えます。そして若者に元気を取り戻して欲しいのです。なぜなら私たちはいっぽまえに踏み出す、パワー溢れる若者を世界中に1人でも多く増やす事が私たちの理念だからです。

私たちは見つけ出した課題を放っておけません。
課題を解決する為に、
・企業様毎のオリジナル研修のご提供
・売れる販売スタッフのご提供や現場でのスタッフ様の教育

それによりスタッフの皆さまが笑顔で、楽しくイキイキと働く環境ができるのです。

それが私たちのできることなのです。

私たちにできることを詳しくみる

伊達将人が選ばれる3つの理由

ただスキルやノウハウを教え込むのではなく、仕事への向き合い方を教え、スタッフが持っている本来の力を引き出す

個々のプライベートと仕事を関連付けさせることで、働く喜びや、やらなくてはいけないことを明確化させます。自身の夢を叶えるために人は大きな力を発揮します。その活力によって社員それぞれが自ら働き、自ら社内環境を整え、自ら積極的に事業改革に取り組む様になります。まずは心を整える。それが大きな力を引き出します。

キャリアが実施する一方的な研修ではなく、明日の行動が変わる腹落ちしやすい研修を実施している。

現場で必要な知識やスキルは、キャリア毎の勉強会や、スキルアップ研修などが実施されていると思います。そこで話されている内容だけでスタッフ個人の販売力が上がるとは思えません。皆様が直面している問題にフォーカスし、その最善の解決策を伊達は伝えています。

変化の多い業界だからこそ、変化を恐れずに、いっぽまえに踏み出す勇気をもつ人材を育成している

携帯販売業界を取り巻く環境は変化が激しく、昨日まで提案していた商品やサービスが翌日には無くなっていることも少なくありません。お客様に最新の情報を提供するには常に変化できる人材こそが長く企業を成長させる貴重な存在です。変化することに対する恐れや不安を、乗り越える喜びや楽しみへと感情をコントロールできる人材が欲しくはありませんか?

お客様/受講者様の声

株式会社ノースモバイル 代表取締役 / 蛯原 賢至 様

株式会社ノースモバイル 代表取締役 / 蛯原 賢至 様

伊達さんは、最初の1年で当時ある商材の売上を1200万円から1億2000万円ちょっとまで、いわゆる10倍以上上げてくれました。このインパクトは非常に大きかったですね、、、

続きをみる »

兼松コミュニケーションズ株式会社 課長 / 潮入 瑞希 様

兼松コミュニケーションズ株式会社 課長 / 潮入 瑞希 様

キャリアの方向性によって、めまぐるしい程に日々状況が変化する業界ですが、そんな変化をも楽しみ、積極的に仕事に向き合うスタッフが明らかに増えました。

続きをみる »

アイ・エイチ・ジェイ株式会社 部長/飯塚 卓也 様

アイ・エイチ・ジェイ株式会社 部長/飯塚 卓也 様

新入社員には特に社外の方で、経験が豊富な人と触れて、良い刺激を受けて欲しかったんです。しかも伊達さんの場合、楽しませながら学ばせてくれます。僕も仕事はまず楽しくなきゃって思ってるんで、頼まないわけないですよね。

続きをみる »

受講者様の声 ~実際に研修を受けてみてどうでしたか?~

伊達さんの研修でブレない自分に変わりました

ドコモショップ店長 / 川真田 顕規 さん

研修を受ける前は、正直困っていた事はなくて、漠然と言われた事を全力でこなしていただけでした。それなりに評価もされてたし、別にこのままでいいのかなと思っていました。でも伊達さんの研修で「あ、俺10年後何してるんだろうな」って思わされたのがきっかけで、店長としても人としてもブレない自分に変わっていきました。

社内で一番内気な自分が全国3位になりました

ドコモショップ / 小林 庸一 さん

自分は元々後ろ向きな人間でしたが、伊達さんに「ちゃんと長所があるんだからそこを伸ばせばいいんだよ」と認めてもらった日を境に自信を持てるようになりました。あんなに内気だった自分が、社内で「輝き大賞」っていう縁の下の力持ちってことで全国3000人中のベスト3に選ばれてますます自信が持てるようになりました。

後輩に慕われる先輩になることが第一の目標です

au ショップ / 田村 麗奈 さん

伊達さんの研修で話してくださる内容は本当に参考になります。どちらかといえば体を使って体験する研修なので、次の日になっても、忘れることがないし、実践しやすいです。これまでいろんな接客業を経験して来ましたが、今が一番楽しいです。今はまだ、「目標は店長になる」とかそういったものはないけど、後輩にしっかり楽しく教えられる先輩になりたいです。

伊達さんみたいな人に出会えるなんてなかなかない機会だと思います

ソフトバンクショップ / 岩下 いづみ さん

初めての就職で、実は今でも接客に不安があります。やっぱりタイプによって苦手なお客様もいますが、その時の対応を学ばせていただき実践中です。家から近い職場で、なんとなく良さそうと思って入社した地方の会社なのに、伊達さんみたいな人と出会えたってことが勉強になって、嬉しいと思っています。

受講者様の声をもっとみる

まずはメールで無料相談しませんか?お問い合わせはこちら

(TEL:06-6453-0088 お電話受付時間09:30~16:30 金土日祝 休 / お電話に出られない場合がございますので、まずはメールからお問い合わせください)

いっぽまえのブログ

ブログをもっとみる

このページのトップへ戻る