お問い合わせ 伊達チャンネル登録 無料メルマガ購読

モチベーションアップに特化したコンサルティングファーム

HOME
初めての方へ オンライン研修
お客様の声 私たちの実績
いっぽまえのブログ
サービス内容
サービス内容 モチベーションアップ
コミュニケーションアップ セールススキルアップ
リーダーシップ 伊達塾
いっぽまえについて
私たちが選ばれる理由 講師紹介
ご契約までの流れ よくあるご質問
このサイトについて
会社概要 お問い合わせ
プライバシーポリシー サイトマップ

ACHIEVEMENT実績

シゴトには4つのステージがある!

LINEで送る
Pocket

こんにちは!モチベーションアップセミナー講師、楽勝マンこと伊達将人です☆

社会人のみなさんは、日々どんなシゴトをしていますか?

世の中には、いろいろなシゴトがありますよね。デスクワーク、接客、営業…などなど。

さまざまな職種で産業が成り立っているわけですが、今回は全てのシゴトに共通する4つのステージについて解説したいと思います。

シゴトには4つのステージがある!

シゴトには、次の4つのステージがあります。

①仕事

会社員や自営業など、生計を立てるために行うシゴトですね。意味はその名のとおり、「人に仕える」ことです。つまり、上司の指示に沿って与えられた作業のこと。一般的にシゴトというと、これを指しますね。

②私事

自分のためにするシゴト。自分のやりたいことや好きなことを、自分の為だけに行うことです。

③死事

苦手な作業を嫌々行うことです。自分の感情や人格を抑えて「生活の為に仕方なく」行うシゴトです。

④志事

志や信念を持って行うシゴトです。つまり使命であり、ライフワークですね。

あなたのシゴトはどれにあてはまる?

今の自分の「シゴト」は、上に挙げた4つのうち、どれに当てはまるでしょうか。
「家族のため、将来のため、とにかく言われたことをこなす」という人は、仕事。
「周りがどう思うか、周りの役に立っているかなど関係ない。自分がやりたいからしている」という人は、私事。
「会社に行きたくない。でも生活の為だからしょうがない」という人は死事。
「このシゴトは自分の使命。この世に生まれてきた意味を全うするためのシゴトだ」という人は、志事。
自分でなくても周りを見渡せば、みな必ず4つのうちのどれかに当てはまっているかと思います。

目指すべきは志事!

4つのシゴトにおいて目指すべきは、志事ではないでしょうか。

志事がほかのシゴトと大きく違う点は、「公(おおやけ)のためになる」ということ。

公になるというのは、社会やお客様のためになるということです。

そもそもビジネスは公のためになるものです。つまり公になる対価としてお金を得ているんです。

信念や高い志を持ってシゴトを頑張る人はたくさんいます。しかし、ほとんどの場合「私事」になっています。

表向きは「お客様のために」としていても、本当に相手のためになっているのか疑問を感じる場面も少なくありません。

自分の意見や考えだけを基に他人にしてあげるのは、「私事」です。

相手のニーズに沿い、公のためになることが本当の「志事」。

私事と志事を見分けるのは簡単!

自分や相手のシゴトが「私事」ではなく、「志事」であるのかは、案外簡単にわかるもの。

それは、「愚痴をこぼしているかいないか」です。

独り善がりの「私事」をしている人は、周囲に認めてもらえないために「こんなに頑張っているのに…!」と不満を抱きます。自分の欲求を満たすために働いている、つまり自己満足のためのシゴトだから愚痴をこぼしてしまうのです。

しかし、心から相手のことを想い、相手のためにシゴトをしていれば、必ず感謝となって自分に返ってきます。だから、愚痴はこぼれない。

あなたは、相手のことを第一に考えて『志事』をしていますか?

仕事から私事へ、そして私事から志事へ昇華させることで、充実した毎日になります。
みなさんもぜひ、志事の実現を目指しながら仕事をしてみてください^^
LINEで送る
Pocket

ひとつまえのページに戻るひとつまえのページに戻る

CONTACTご相談はこちらから。
お気軽にお問い合わせください。

どんな些細なことでも結構です、御社のお悩み事やお困り事をお聞かせください。
マニュアル化されたコンサルサービスではなく、御社のお悩みに合わせた独自のプログラムをご提案いたします。
2日営業日以内にお返事いたします。

いっぽまえに問い合わせるいっぽまえに問い合わせる

伊達チャンネル登録

無料メルマガ購読