お問い合わせ 伊達チャンネル登録 無料メルマガ購読

モチベーションアップに特化したコンサルティングファーム

HOME
初めての方へ オンライン研修
お客様の声 私たちの実績
いっぽまえのブログ
サービス内容
サービス内容 モチベーションアップ
コミュニケーションアップ セールススキルアップ
リーダーシップ 伊達塾
いっぽまえについて
私たちが選ばれる理由 講師紹介
ご契約までの流れ よくあるご質問
このサイトについて
会社概要 お問い合わせ
プライバシーポリシー サイトマップ

ACHIEVEMENT実績

1on1の効果的なやり方とメリット

LINEで送る
Pocket

こんにちは!モチベーションアップセミナー講師、楽笑マンこと伊達将人です☆

昨今では、上司と部下の間で行われる1対1の定期的なミーティング、1on1を取り入れる企業が増えてきました。

「1対1のミーティングなら普段からやってるよ」
「2人だけでミーティングなんて、時間のムダ」

とお思いの方もいらっしゃるでしょう。でも1on1には、従来のミーテイングとは異なる効果とメリットがあります。取り入れることで生産性の向上や経営目標の達成にもつながるんですよ。

今回はそんな1on1について解説します!

1on1は従来のミーティングとどう違うの?

従来のミーティングと1on1の違いは、目的と時間と頻度です。

・従来のミーティング
評価・管理。連絡事項のシェア。30分~1時間程度で毎週1回、隔週1回、月1回実施。

・1on1
キャリア相談など。15分程度で毎日もしくは週に2~3回実施。

従来のミーティングは、業務の評価や管理などの人事面談が主でした。上司から部下へ一方的に話しがちで、ときには説教に発展することも。

一方1on1は、上司が部下の成長をサポートするために行うミーティングです。両者ともにオープンに話すため、コミュニケーションも一方的になりません。

よって1on1ミーティングには以下のメリットがあります。

上司と部下の間に信頼が生まれる

いくら優秀な部下でも、上司とのコミュニケーションが不足していると、仕事に対する不満や悩みが大きくなり、ある日突然退職してしまいます。

1on1は、情報共有ではなく対話するミーティングです。上司から部下へ、体を労わる言葉をかけたり、今後のキャリアについてアドバイスしたりすることで、部下は上司に信頼を寄せ、安心して業務にあたることができるでしょう。

部下の成長を促進する

昨今のOJTでは、業務内容を教えるだけで振り返りの時間があまりとられていません。つまり、問題点の探し方と改善策の立て方については教えられないケースがほとんどのため、社員は自分で問題を解決してゆかなければならないのです。

1on1では、業務の悩みに対してアドバイスも行うので、部下に振り返りをしてもらう良い機会にもなります。成長を後押しするでしょう。

1on1やり方のコツ

1on1の効果を最大限引き出すためのコツについて、以下まとめました。

ネーミング

実は会議名を特別な呼び名にするだけでも、部下の意識が変わり、モチベーションがアップするんですよ。ただ「個人面談」とか「業務ミーティング」などという名では、味気がありません。

上司と部下共に呼びやすく親しみがあり、かつワクワクするようなネーミングにしてみましょう。例えば、「アゲアゲ会議」など。

場所

部下と上司が心を開き、分け隔てなく対話するためには、緊張を解きほぐすような、リラックスできる場所がベスト。いつもの会議室だとどうしても堅苦しくなる場合は、カフェやラウンジでも◎。

話す内容や部下の要望に応じて、柔軟に変えていきましょう。

時間

基本的に1on1は、短時間で行います。だいたい15分程度がベスト。長くても30分程度にとどめましょう。

専用シートでマンネリ化防止

1on1は高頻度で行われるので、場合によっては内容がマンネリ化したり、ネタが尽きたりします。

そこで面談項目をシートにまとめ、定型化させておきましょう。こうすることで、毎回建設的なミーティングとなり形骸化も防ぐことができます。

1on1で本音を聞き出すには?

1on1のポイントは、部下の本音を聞き出すこと。でも、本心に触れることはそう簡単なことではありません。信頼関係がなければ、相手も心を開いてくれないもの。

部下の本音を聞き出すには、以下2つを意識してみてください。

自己開示をする

相手に心を開いてもらうには、まず自分の心を開くことが大切です。他愛もない最近の出来事でも構いません。ちょっとした失敗談などは、より効果的です。まずは自己開示をし、相手の心をほぐしましょう。

傾聴を心がける

傾聴とは相手の話に横やりを入れず、最後までしっかりと聞くことです。相手の目を見ながらゆっくりと頷くと、相手は心を許し、どんどん自分のことを話してくれるでしょう。

また部下の話しが終わっても、すぐに答えを出さないことが大切です。「そうだったんだね」「話してくれてありがとう」など、話してくれたことに対する感謝の気持ちを述べると、部下はさらに安心感や信頼感を抱きます。否定するようなことは、決して言ってはいけません。

部下には主体的かつ能動的な姿勢で業務にあたってもらいたいもの。上司の理想論や武勇伝を語るばかりでは、部下はついてきません。1on1は部下のための時間です。まずは上司が謙虚な姿勢になることが何よりも肝心です。

LINEで送る
Pocket

ひとつまえのページに戻るひとつまえのページに戻る

CONTACTご相談はこちらから。
お気軽にお問い合わせください。

どんな些細なことでも結構です、御社のお悩み事やお困り事をお聞かせください。
マニュアル化されたコンサルサービスではなく、御社のお悩みに合わせた独自のプログラムをご提案いたします。
2日営業日以内にお返事いたします。

いっぽまえに問い合わせるいっぽまえに問い合わせる

伊達チャンネル登録

無料メルマガ購読