お問い合わせ 伊達チャンネル登録 無料メルマガ購読

モチベーションアップに特化したコンサルティングファーム

HOME
初めての方へ オンライン研修
お客様の声 私たちの実績
いっぽまえのブログ
サービス内容
サービス内容 モチベーションアップ
コミュニケーションアップ セールススキルアップ
リーダーシップ 伊達塾
いっぽまえについて
私たちが選ばれる理由 講師紹介
ご契約までの流れ よくあるご質問
このサイトについて
会社概要 お問い合わせ
プライバシーポリシー サイトマップ

ACHIEVEMENT実績

ロールモデルを持つ6つのメリット

LINEで送る
Pocket

ビジネスマン

こんにちは!モチベーションアップセミナー講師、楽笑マンこと伊達将人です☆

皆さんには、自分の生き方や仕事面において、「憧れの人」はいますか?

「〇〇さんのような、カッコいいバリキャリになりたい!」とか「5年後は、この人を同じキャリアを築きたい!」など、自分の規範となる人物、それがロールモデルです。

ロールモデルに設定する人はどんな人でもいいの?

ロールモデル

ロールモデルとは、ロール=役割、モデル=手本。キャリア形成において手本となる人物のことです。

言うなればロールモデルは、自分と同じ立場に居る成功者。その人に憧れ、「真似したい」と思うような人ですね。

一般的にロールモデルは、自分の身近な人に設定すると良いといわれます。その理由は、自分の現状を客観的に把握し、キャリアを形成するための道筋が明確になるから

ビジネスマン

また、ロールモデルは必ずしも一人とは限りません。ロールモデルは仕事だけでなく私生活、ひいては人生など、さまざまな観点から複数人を設定することができます。

例えば、好きなファッションモデルのファッションをお手本にしている人は、そのファッションモデルがロールモデルになりますよね。

その人の生き方や考え方に深く感銘すれば、自己啓発のロールモデルにもなるでしょう。

ロールモデルは人でなくても良い!

ビジネスマン

ロールモデルは、人でなくても構いません。

例えば「〇〇社のような事業を立ち上げたい」、「△△社のようなカフェを作りたい」など、目標によっては企業にも成り得ます。

企業をロールモデルにする場合は人間と同様、ロールモデルの特徴を分析したうえで、自分にあてはめます。もしくは、自分が手掛ける事業でも良いでしょう。

ロールモデル4つのメリット

ビジネスマン

人は意識せずとも、成長の過程でさまざまなロールモデルと出会っています。小さい頃憧れた、アニメのヒーローやスポーツ選手などがそうでしょう。ロールモデルの存在が自分を刺激したからこそ、今の自分があるんです。

社会人がロールモデルを仕事に活かすメリットを解説します。

キャリアプランを立てやすくする

仕事経験が豊富な先輩や上司をロールモデルにすると、その人になるために必要な要素は何か具体的に考えます。5年後、10年後の自分がどうなっているのか明確になるため、キャリアプランも自ずと立てやすくなるでしょう。

ビジネスマン

モチベーションがアップする

ロールモデルでキャリアプランが立つと、自分の未来像も具体的になります。自分の理想とする将来が明確になることで、前向きな気持が芽生えるでしょう。仕事や私生活の面でもモチベーションがアップします。

成長がスピードが速くなる

ロールモデルとはいわば、成功事例をパッケージ化したもの。自分の行動や考え方をロールモデルのそれに改めることで、成長の速度も速くなるでしょう。

組織全体が活気付く

ビジネスマン

社員それぞれがロールモデルを持っていると、社員はロールモデルとなる人物に行動パターンを学びとろうとします。社員一人ひとりの意識が変わり会社に貢献できる人物に育つため、組織全体の活性化が期待できます。

いかがでしたか?

ビジネスマン

ロールモデルがいない人は、歴史上の人物や偉人、有名人でも構いません。その人の名言などを手帳に書き記すのもおすすめです。

子どもの頃に抱いた、「こんな人になりたい!」という純粋な気持ちを呼び起こしてくれる人こそが、ロールモデル。

そして今度はあなたが、誰かのロールモデルになってくださいね。

LINEで送る
Pocket

ひとつまえのページに戻るひとつまえのページに戻る

CONTACTご相談はこちらから。
お気軽にお問い合わせください。

どんな些細なことでも結構です、御社のお悩み事やお困り事をお聞かせください。
マニュアル化されたコンサルサービスではなく、御社のお悩みに合わせた独自のプログラムをご提案いたします。
2日営業日以内にお返事いたします。

いっぽまえに問い合わせるいっぽまえに問い合わせる

伊達チャンネル登録

無料メルマガ購読